icon_compare_close.png
Compare(0/4) X Clear All
  • icon_compare_add.png

  • icon_compare_add.png

  • icon_compare_add.png

  • icon_compare_add.png

ホーム >| サポート >DEEBOT OZMO T8
よくある質問(FAQ)
ユニットによって作成されたマップが不完全です。
●ユニットによるマッピングと清掃中は、部屋のドアをできるだけ広く開けて、部屋のマッピングが逃されることを防ぎます。
●アプリ内のマップを削除してから再マッピングすることをお勧めします。
●保護フィルムが剥がれ落ちてレーザーセンサーが塞がれないように、ユニットを使用する前にカバーの保護フィルムが剥がされていることを確認してください。
DEEBOT OZMO T8は暗い場所でも使用できますか。
はい。DEEBOT OZMO T8は、dToFナビゲーションテクノロジーとTrueDetect 3D Smart Detectionテクノロジーを使用して、暗い環境でも清掃できます。
清掃中にDEEBOTが一時停止した場合、その場所から清掃を再開できますか。
はい。
(1)DEEBOT OZMO T8には静的再ポジショニング機能があります。ロボットを同じ部屋に戻した場合は、自動モードボタンを押すとロボットの清掃が再開され、清掃されない場所が発生したり、同じ場所が繰り返し清掃されたりする可能性が低くなります。
(2)マッピングが完了する前にDEEBOTが部屋Aで清掃しており、ユーザーがDEEBOTを部屋C(新しい環境)に移動すると、DEEBOTは場所を特定して、新しい環境を検出し、マッピングを再開します。1回目の初期マッピングでは、エリア全体のナビゲーションとマッピングが完了するまで、ロボットを手動で移動しないことをお勧めします(「エリア清掃」が表示されていれば、マッピングが完了したことを意味します)。
(3)マッピングが完了している場合は、DEEBOTが部屋Aを清掃しているときにユーザーがDEEBOTを部屋Cに移動しても、DEEBOTが位置を再特定できれば、部屋A(移動前の場所)の元の場所に戻って清掃を続行します。部屋Aの清掃が完了すると、次の部屋に移動します。部屋Cを清掃するには、アプリで[エリア清掃]を選択します(部屋Cを選択し、[開始]を押します)。
(4)複雑な環境では、位置の再ポジショニングが失敗し、新しい清掃プロセスがトリガーされることがあります。そのため、DEEBOTがトラブルのときは手助けするにしても、家全体の清掃プロセスの途中で意味もなく手動で再配置はしないようにすることをお勧めします。特定のエリアを清掃するには、マッピングが完了してから、アプリで[カスタムモード]を開始します。
DEEBOT OZMO T8のTrueDetect 3D Smart Detection Systemのカメラはユーザーのプライバシーを侵害しますか。
いいえ。OZMO T8のTrueDetect 3D Smart Detection Systemのカメラは、レーザー信号の受信にのみ使用され、ユーザーのプライバシーを侵害することはありません。
DEEBOT OZMO T8のリアルタイム清掃ルートがめちゃくちゃです。
(1)TrueDetect 3D Smart Detection Systemにほこりが付着していないか確認します。付着している場合は、乾いたペーパータオルでそっと拭きます。
(2)複雑な環境や床が平らでない場合、DEEBOTの動きが不安定になり、アプリ内のリアルタイム清掃ルートが雑然としたものになることがありますこれを解決するには、アプリ設定でTrueDetect 3D Smart Detection機能を無効にします。
(3)部屋に多数の小さな障害物がある場合は、高精度スマート検出システムによって雑然としたルートになることがあります。これは単純に無視しても構いません。フロアに障害物がなければルートは通常の状態に戻ります。
DEEBOTが特定のエリアを清掃しません。
(1)部屋の敷居の高さが20 mmを超えており、DEEBOTの障害物乗り越え能力より高くなっています。清掃するには、清掃する部屋にDEEBOTを手動で持ち込む必要があります。DEEBOTが清掃を完了したら、部屋から出すと、他の部屋の清掃を続けます。
(2)TrueDetect 3D Smart Detection Systemにほこりが付着していないか確認します。付着している場合は、乾いたペーパータオルでそっと拭きます。
(3)複雑な環境や、戸口の高い敷居またはマットがTrueDetect 3D Smart Detection Systemによって誤って障害物として識別され、DEEBOTが清掃対象の部屋に入らないことがあります。その場合は、マットを移動するか、アプリ設定でTrueDetect 3D Smart Detection機能を無効にすることができます。
DEEBOTがなかなかドッキングステーションに戻れない、またはドッキングステーションを見つけられません。
1)ドッキングステーションがある部屋のドアが閉じていないことを確認します。
(2)ドッキングステーションの両側0.5 m、前方1 mのエリアに障害物や反射物(鏡、金属、メガネなど)がないようにします。
(3)DEEBOTがドッキングステーションから清掃を開始するように設定することをお勧めします(DEEBOTがドッキングステーションから離れている場合は、ドッキングステーションに戻してください。「充電を開始します」という音声が聞こえたら、自動モードボタンを押すか、スマートフォンを使用してドッキングステーションからロボットを起動します)。
(4)レンズにほこりが付着していないか確認し、必要に応じて清掃します。
(5)ロボットが清掃しているときは、部屋をできるだけ明るくしておきます。
DEEBOT OZMO T8は暗い場所でも使用できますか。
はい。DEEBOT OZMO T8は、dToFナビゲーションテクノロジーとTrueDetect 3D Smart Detectionテクノロジーを使用して、暗い環境でも清掃できます。
清掃中にDEEBOTが一時停止した場合、その場所から清掃を再開できますか。
"はい。
(1)DEEBOT OZMO T8には静的再ポジショニング機能があります。ロボットを同じ部屋に戻した場合は、自動モードボタンを押すとロボットの清掃が再開され、清掃されない場所が発生したり、同じ場所が繰り返し清掃されたりする可能性が低くなります。
(2)マッピングが完了する前にDEEBOTが部屋Aで清掃しており、ユーザーがDEEBOTを部屋C(新しい環境)に移動すると、DEEBOTは場所を特定して、新しい環境を検出し、マッピングを再開します。1回目の初期マッピングでは、エリア全体のナビゲーションとマッピングが完了するまで、ロボットを手動で移動しないことをお勧めします(「エリア清掃」が表示されていれば、マッピングが完了したことを意味します)。
(3)マッピングが完了している場合は、DEEBOTが部屋Aを清掃しているときにユーザーがDEEBOTを部屋Cに移動しても、DEEBOTが位置を再特定できれば、部屋A(移動前の場所)の元の場所に戻って清掃を続行します。部屋Aの清掃が完了すると、次の部屋に移動します。部屋Cを清掃するには、アプリで[エリア清掃]を選択します(部屋Cを選択し、[開始]を押します)。
(4)複雑な環境では、位置の再ポジショニングが失敗し、新しい清掃プロセスがトリガーされることがあります。そのため、DEEBOTがトラブルのときは手助けするにしても、家全体の清掃プロセスの途中で意味もなく手動で再配置はしないようにすることをお勧めします。特定のエリアを清掃するには、マッピングが完了してから、アプリで[カスタムモード]を開始します。"
DEEBOT OZMO T8のTrueDetect 3D Smart Detection Systemのカメラはユーザーのプライバシーを侵害しますか。
いいえ。OZMO T8のTrueDetect 3D Smart Detection Systemのカメラは、レーザー信号の受信にのみ使用され、ユーザーのプライバシーを侵害することはありません。
"DEEBOT OZMO T8のリアルタイム清掃ルートがめちゃくちゃです。 "
"(1)TrueDetect 3D Smart Detection Systemにほこりが付着していないか確認します。付着している場合は、乾いたペーパータオルでそっと拭きます。
(2)複雑な環境や床が平らでない場合、DEEBOTの動きが不安定になり、アプリ内のリアルタイム清掃ルートが雑然としたものになることがありますこれを解決するには、アプリ設定でTrueDetect 3D Smart Detection機能を無効にします。
(3)部屋に多数の小さな障害物がある場合は、高精度スマート検出システムによって雑然としたルートになることがあります。これは単純に無視しても構いません。フロアに障害物がなければルートは通常の状態に戻ります。
"
DEEBOTが特定のエリアを清掃しません。
"(1)部屋の敷居の高さが20 mmを超えており、DEEBOTの障害物乗り越え能力より高くなっています。清掃するには、清掃する部屋にDEEBOTを手動で持ち込む必要があります。DEEBOTが清掃を完了したら、部屋から出すと、他の部屋の清掃を続けます。
(2)TrueDetect 3D Smart Detection Systemにほこりが付着していないか確認します。付着している場合は、乾いたペーパータオルでそっと拭きます。
(3)複雑な環境や、戸口の高い敷居またはマットがTrueDetect 3D Smart Detection Systemによって誤って障害物として識別され、DEEBOTが清掃対象の部屋に入らないことがあります。その場合は、マットを移動するか、アプリ設定でTrueDetect 3D Smart Detection機能を無効にすることができます。
"
起動後、DEEBOTがぐるぐる回りながら後方に動くのはなぜですか。 "●DEEBOTの底部にある落下防止センサーがほこりをかぶっている可能性があります。 効果を維持するために、付属のメンテナンスツールで落下防止センサーを拭きます。 PIC 2 ●駆動ホイールに髪の毛や異物が絡まっている可能性があります。 付属のメンテナンスツールを使って、駆動ホイールに絡まっている髪の毛や異物を切断して取り除きます。 VIDEO 1 ●バンパーレールが動かなくなっている可能性があります。バンパーレールの各側を押して、自
"●DEEBOTの底部にある落下防止センサーがほこりをかぶっている可能性があります。
効果を維持するために、付属のメンテナンスツールで落下防止センサーを拭きます。
PIC 2
●駆動ホイールに髪の毛や異物が絡まっている可能性があります。
付属のメンテナンスツールを使って、駆動ホイールに絡まっている髪の毛や異物を切断して取り除きます。
VIDEO 1
●バンパーレールが動かなくなっている可能性があります。バンパーレールの各側を押して、自動的にはね返ってくるかを確認します。
VIDEO 2
問題が解決しない場合は、ECOVACSサポートセンターにお問い合わせください。"
DEEBOTがなかなかドッキングステーションに戻れない、またはドッキングステーションを見つけられません。
"(1)ドッキングステーションがある部屋のドアが閉じていないことを確認します。
(2)ドッキングステーションの両側0.5 m、前方1 mのエリアに障害物や反射物(鏡、金属、メガネなど)がないようにします。
(3)DEEBOTがドッキングステーションから清掃を開始するように設定することをお勧めします(DEEBOTがドッキングステーションから離れている場合は、ドッキングステーションに戻してください。「充電を開始します」という音声が聞こえたら、自動モードボタンを押すか、スマートフォンを使用してドッキングステーションからロボットを起動します)。
(4)レンズにほこりが付着していないか確認し、必要に応じて清掃します。
(5)ロボットが清掃しているときは、部屋をできるだけ明るくしておきます。
"
DEEBOT OZMO T8で清掃できるのはどのようなタイプの床ですか。
"(1)タイル、堅木フローリング、セメントなどの硬質の床。
(2)カーペット。TrueDetect 3D Smart Detection機能の特性により、DEEBOTでカーペットを清掃する場合は、設定でTrueDetect 3D Smart Detection機能を無効にすることをお勧めします。
"
DEEBOT OZMO T8がベッドの下から出られないのはなぜですか。
"DEBOTのTrueDetect 3D Smart Detection機能はデフォルトで有効になっています。高精度スマート検出機能により、DEEBOTがベッドカバーを前方障害物として認識し、清掃中にベッドカバーを回避することがあります。すると、DEEBOTはベッド下から出ることができなくなります。対処は次のとおりです。
(1)オプション1:効率的でスムーズな清掃ができるように、DEEBOTが清掃している間は、ベッドカバーをマットレスの下にたくし込んでおくことをお勧めします。
(2)オプション2:設定でTrueDetect 3D Smart Detection機能を無効にすることをお勧めします。これで問題が解決されるかもしれませんが、障害物回避性能も低下する可能性があります。
"
DEEBOT OZMO T8は家具の下を清掃できますか。
"その家具の下端の高さによります。
(1)ロボットの高さは93.6 mmです。TrueDetect 3D Smart Detection Systemは、家具の下端の床からの高さを検出できます。検出された高さがロボットよりも高い場合、DEEBOTは家具の下を清掃できます。検出された高さがロボットよりも低い場合、DEEBOTは減速して障害物を回避し、家具の下に引っかかったり、家具に衝突したりしないように動作します。
(2)家具の下端がロボットより少し高いが、素材が柔らかく均一でない場合、ロボットが引っかかることがあります。その場合は、仮想ウォールを使用することをお勧めします。
(3)ロボットが清掃をしている家具またはベッドの下の床が長期間清掃されておらず、大量のほこりがある場合は、ほこりを溜め込みすぎないように、定期的にダストボックスを確認して空にすることをお勧めします。
"
DEEBOT OZMO T8が家具に衝突して傷つけることがありますか。
"いいえ。単眼構造の光センサーテクノロジーであるOZMO T8独自のTrueDetect 3D Smart Detection Systemにより、障害物の距離と高さを検知し、事前に判断を行えるため、障害物を回避し、家具に衝突しません。
"
DEEBOT OZMO T8は家の中の敷居を乗り越えることができますか。
"はい。
(1)クリーニングクロスプレートを使用しない場合、DEEBOTは通常、高さ20 mmまでの敷居を乗り超えて、家のほぼすべてのエリアに到達できます。敷居の高さが20 mmを超えているとTrueDetect 3D Smart Detection Systemが検出すると、DEEBOTは障害物を避けるために速度を落とします。
(2)クリーニングパッドプレートとOZMO Proタンクを取り付けている場合、DEEBOTは通常、高さ約8~15 mmの敷居を乗り越えることができます(障害物乗り越えパラメーターはモップに染み込んだ水の量によって変わります)。敷居がパラメーターを超えているとTrueDetect 3D Smart Detection Systemが検出すると、DEEBOTは障害物を回避するために速度を落とします。
(3)最適な清掃性能を得るために、乾燥した面でOZMO T8を使用することをお勧めします。
"
DEEBOT OZMO T8のクリーニングクロスをペーパータオルで代用できますか。
"これは推奨されません。クリーニングクロスは、床の清掃とメンテナンスを行うためにDEEBOT専用に設計されています。ペーパータオルの厚みと湿り具合では、クリーニングクロスと同じ結果を得ることはできません。
"
長時間充電したままにしておくとDEEBOTが損傷する可能性がありますか。
いいえ。バッテリーが満充電になると、DEEBOTは過充電を防止するために低電流の補充電ステータスに切り替わります。ただし、お子様に本機器を操作させないでください。
使用しないときには、DEEBOTをドッキングステーションにずっと保管しても構いませんか。
はい。バッテリーが満充電になると、DEEBOTは過充電を防止するために低電流の補充電ステータスに切り替わります。ただし、お子様に本機器を操作させないでください。
ロボットまたはドッキングステーションの電極に誤って触れてしまった場合、危険なリスクはありますか。
いいえ。DEEBOTの充電接点およびドッキングステーションのピンの最大DC電圧出力は、人体に安全な範囲内です。
手動でDEEBOT OZMO T8を移動すると、ロボットから粉塵が放出されるのはなぜですか。
"(1)まず、ダストボックスが一杯になっているか確認し、必要に応じて空にします。
(2)DEEBOTを床から上に持ち上げるときは、dToFセンサーを上に少し傾けた状態で端を保持することをお勧めします。"
DEEBOTは台所または浴室の床の水を拭き取ることができますか。
DEEBOTは水を拭き取るために使用しないでください。DEEBOTの中に液体が入ると損傷するおそれがあります。
DEEBOTが誤って液体を吸い込んだ場合、何をするべきですか。
"DEEBOTをすぐにオフにしてください。ダストボックス、フィルター、メインブラシを取り外し、完全に乾燥させてから再び取り付けます。
これらの手順を完了した後、DEEBOTが正常に機能しない場合は、サポートセンターにお問い合わせください。"
DEEBOTの充電ができないのはなぜですか。
"(1)トップカバーを開き、ロボットの電源がオンになっていることを確認します。
(2)コンセントに電気が来ており、電極がドッキングステーションのピンに完全に接触していることを確認します。
(3)上記の手順を実行しても問題が解決しない場合は、ECOVACSカスタマーケアにお問い合わせください。
"
DEEBOTのサイドブラシ/メインブラシから髪を取り除くにはどうすればよいですか。
"ロボットには小型クリーニングツールが装備されています(ロボットのカバーを持ち上げます。クリーニングツールはロボットの裏側の前の方にあります)。
(1)DEEBOTのサイドブラシを注意して取り外し、小型クリーニングツールを使用して、サイドブラシに巻き付いている髪を清掃します。
(2)DEEBOTのメインブラシのカバーを両手で開き、メインブラシを取り外します。小型クリーニングツールのブレード部分を使用して、メインブラシに巻き付いている髪を清掃します。
"
充電中にロボットが常に充電ドックから離れ、部屋の中をループ状に移動するのはなぜですか。
ロボットが充電ドックから離れる理由は2つあります。1.電圧が不安定になっている。2.信号が干渉している。この問題が解決しない場合は、ECOVACSサポートセンターにお問い合わせください。
DEEBOTがスケジュールされた時間に自動的に清掃を開始しなかったのはなぜですか。
"(1)DEEBOTの電源が入っていない可能性があります。
DEEBOTに清掃に必要なバッテリー電力がありません。
スケジュール設定が保存されませんでした(DEEBOTには最大10回のスケジュールを保存できます)。指示に従って、スケジュールされた時間をリセットしてください。
(2)DEEBOTが応答不可時間モードになっているときはスケジュール清掃は行われません。
(3)上記の手順を実行しても問題が解決しない場合は、ECOVACSサポートセンターにお問い合わせください。
"
しばらく清掃した後にDEEBOTの音が大きくなって清掃を停止するのはなぜですか。
"(1)ダストボックスを取り外して空にします。
(2)メインブラシ(メインブラシの両端のベアリングに絡まっている髪の毛を含む)を点検して清掃します。
(3)サイドブラシを点検して清掃します。
(4)フィルターを清掃または交換します。
"
DEEBOTの清掃時間が短いのはなぜですか。
"(1)ロボットを長期間使用していなかった場合は、ドッキングステーションで満充電します。バッテリーレベルはアプリで確認できます。
(2)バッテリーの使用寿命に近づくと、清掃時間は短くなります。清掃性能が十分でない場合は、バッテリーを交換してください。
(3)上記の手順を実行しても問題が解決しない場合は、ECOVACSカスタマーケアにお問い合わせください。
"
DEEBOTの清掃中にサイドブラシの回転が遅くなるかまったく回転しないのはなぜですか。
"(1)バッテリー残量が少なくなると、DEEBOTは自動的に充電ドックに戻るモードに切り替わります。充電ドックに戻るモードになると、ロボットは清掃を停止して充電ドックに戻るルートを探し始め、サイドブラシの回転が遅くなります。バッテリーレベルが正常に戻ると、ロボットは清掃を再開できます。
(2)サイドブラシに何かが巻き込まれて動作不能になることがあります。異物がないか点検して除去してください。
(3)サイドブラシが正しく取り付けられていません。サイドブラシを取り外してから、再び取り付けてください。
問題が解決しない場合は、ECOVACSサポートセンターにお問い合わせください。
"
Thank you for your attention!